2015年10月19日

誠に


ベビーな話しで恐縮ですが、
ただいま体内で人を培養中です。


この数ヶ月、変化してゆく体に向き合いながら生活も変化させていく日々でした。
今までのようにギターを持ってスタンディングで歌うと、ポンプのようにめいっぱい息を吸ってしまい早々に息が上がってしまったり、上手く腹筋が使えなかったり、それを解消するべく座って歌ってみたり…試行錯誤しながら今現在の体でようやくバランスが取れるようになってきました。


この先、
どのような変化があるのか、
どのような事が起こるのか、
それは私にもわかりませんが、
どんな形となろうとも、
全てを受け入れていく所存です。


順調にゆけば、
春と新緑の季節の狭間に会えるようです。


今まで憩いの場で顔見知りだったお姉様方へ告げると皆さんお産ストーリーを聞かせてくれます。これにはとてもビックリしました。すごく個人的な事だとは思うのですが、そうなんだよな、あの人の子供が今一緒に乾杯しているこの人で…おなか膨らませて出産してオギャーして寝返りうってハイハイしてよちよちして…なんて考え出したらもう頭ぐるぐるしてしまってオーバーヒート。
まだまだ修行が足りないな…と酒場のカウンターで思ったりするのでした。


もう言うてるまーに安定期と言われる時期らしいし、今月は知人に会えるライブの機会がとても多かったので直接伝えたりステージで歌って伝えてきました。でももうステージで伝えるのも終わりにしようと思いますので、あまり更新できなかった期間もブログに毎日訪れてくれる皆さんへ、報告させていただきました。


個人的な事ではあるんですが、
私にとっては大きな出来事で、
今までの様に日記を綴るためにも一度書いておきたいと思ったのでした。


今、自分で作った古い曲をたくさん歌いたい気分で、潜って見つめてきたあの時間をとても身近に感じます。郷愁や哀愁というのとは違って、確かに存在していたもので、私を中から作ったものたちをひしひしと感じているんです。だからなのか古い曲が自然に歌える自分に驚きつつ、また、新しい扉を探しているような、そのドアノブの感触をイメージしているような、そんな感じです。


体と相談しながらとなりますが、
ギリギリまで歌っていきたいと思いますので、
またライブへ足を運んで下さったらうれしいです。


次のライブは難波屋さんで、
元維新派の役者、岩村吉純(ギター、歌)さんと二人でワンステージずつ歌います。


10/25(日)西成@難波屋
16:00〜18:00 チップ制
※18:00〜はねぎやアキラ祭りが引き続き開催されますので是非お楽しみくださーい!



お待ちしておりまさよ。
image-20151019173112.png
posted by こめす at 17:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。