2015年06月10日

他愛のない

日常の日記です。
気づいたら長文になってしまいました。


腹巻はウエストウォーマーとも言うらしいです。
腰とお腹を触るとひんやりするなぁと思っていたので冷え取りをしてみようと思い立ちました。
この2年くらいの珈琲1日1ℓ、冷えた酎ハイ500ccが美味しいですが気になっていました。
もう何年も前に買ったのびのびおしゃれ腹巻から絹95%ポリエステル5%の腹巻に変えました。
すごく温かいです。
腹巻いていても汗をかくとその後冷えてしまうんですけど、
絹はすぐ乾いてまた温かくなります。
こりゃ〜いい!
けっこうハマってます。
女度は下がりますけど温度は上がります。
おかげさまで性格まで温厚になってきたかも知れません。
なんだか穏やかすぎてふやけそうです。
月に2日くらいはイライラ発生するんですけどそういうときは体調悪いか寝不足か疲れているかなので早く寝る。無理に食べない、胃腸も休める。だいたいこれで回復します。
いいです、腹巻。
あと1ℓのコーヒーはさすがに減らしました。
飲むのはハーブティに変えました。
どんな効果ありますかね、代謝良くなったらいいな。
その分美味しくお酒呑めそうですし。


先週はライブがなかったんですが、土日と出かけてゆきました。
友人夫婦に歌を届けるべく二週間強練習した曲のお披露目でした。
わたしは歌わずギターの伴奏+ちょこっとコーラスで歌い手はOKさん。
土曜日は金沢へ引越しをする友人へ。
日曜日はこの日夫婦となった友人へ。
OKさんは役者でもあるので「次はいついつリハします。この日までに歌詞を入れてきてください」と伝えると曲を体に入れ込むのもしっかりとしてきて早かったです。
本番まで、家のあちこちで場所や時間を変え、立ったり座ったりしながら声の出などを確かめながらリハーサルを重ねました。
リハーサルの前には歯磨きをしていたのでわたしと一緒だと思いました。
あと緊張でずっとえづいていました。
わたしも今でも緊張はしていますが、最初はそうだったな。
歌い手さんの呼吸を意識しながら集中して一緒に音を出して紡いでいく。
わたしも歌詞を入れ込み、歌詞についてお互い思うことなども交えながら一緒に作っていけたと思います。
そういう事をしていると、自分が楽器を触れず、自由に歌っていた時を思い出しました。
一緒にステージに立ってきた人たちを思いました。
とてもありがたかったです。
そして、日曜日は呑み過ぎました。
今日ぐらいから完全復活です。


梅雨入り。
6月から自転車の取締が厳しくなるということでカッパ着用。
雨ズボンは持っていたけど上着がなかったのでOKさんが使っていないLOGOSのポンチョをくれた。このポンチョが黄色い安全帽なみの発色ですごくすごく目立ちます。しかも男性用なので大きい。
珈琲屋の人たちには「よ!幼稚園児!」「園服みたいやな」といろいろ言われましたがある時気づきました。
わたしがポンチョを着て自転車に乗っていると、すれ違う人たちがさっと避けてくれる。
あまりにも目立ちすぎて、避けちゃうのだと思います。
思ったんですけど、取締やルールがハッキリしてそれに対応する心構えの人は、たぶんそれまでもわりと交通ルールを守ろうとしてきていたと思います。
厳しくなっても危ない行為をしている人は変わっていないと見ていて思う。
あと、予想してたけど買物がちょっと大変になりました。
わたしはカッパ脱いでスーパー入りますが、カッパ着たまま床を濡らし買物しているおばちゃんとかいます。
気持ちはわかるけど、危ないなぁと思う。
子供からお年寄りまでいろんな人が集まる場所だからな。
傘袋はあっても、カッパ袋はさすがにでないと思うけど。


雨に濡れるのは五感が刺激されて面白い。
歌を口ずさんでも雨音と自分の声で随分いい雰囲気です。
雨に濡れるのは、手掴みで食事をするのに似ているなと思いました。
手をべちゃべちゃにして汁を滴らせながら食べたり、
口の周りにご飯粒ついたりという事に。
自然が肌に触れるとわくわくします。
でも雨上がりの世界で自転車を走らせると、
「ああやっぱり晴れって気持ちいいわぁ」
と思ったりしました。



とりとめのない日記となってしまいましたが、
今日も読んでくださってありがとうございました。


土曜日はRimsbarでライブです。
お待ちしております。



6/13(土)京阪大和田@Rimsbar
「アコースティックの夜」
出演
カオリーニョ藤原
米須昌代
選曲/AYAKO
出店/Kimama-Foods
19:00-23:00
席料1.000円
posted by こめす at 07:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]